バイオハザードオフィシャルサイト

C:\Users\Owner\AppData\Local\Temp\Temp1_sirenclock_v2type2.zip\sirenclock_v2type2.html

刃物達

Posted by kouta2 at 2014年01月26日 2014年01月26日 21:37
こんばんは^^

今日は所持してる刃物をUPしてみます^^
自分はナイフコレクターでは無いので、用途に応じた最低限の種類の刃物を所有してます。


まずナイフ

小さい切れ味のいい小型ナイフとフルタングでブレード厚めのナイフのシースをパラコードで連結してます。


小型の方もフルタングでグリップはパラコード巻♪
荷物の梱包を解いたり、包丁の代理にもなってくれます。

そして、でかい方



材質は確かS30Vだったはず。錆に強いんでお手入れ簡単♪
結構重量あるので、鉈に近い使い方も出来たりします。

コールドスチールのナイフも好きなんですが、すぐ錆びるんですよね。。。ずぼらな自分には不向きですw



以前ブログでもUPした斧。
なんか危険な香りがして良い雰囲気でしょw




ガーバーのマルチプライヤー!
これ何かと便利なんですよね。
プライヤーにもちゃんとテンション掛かってるし、ナイフにロック機能も付いているんで、不意に刃が閉じて
手をザックリ切ってしまうリスクが少なくなってます。
でもマルチプライヤー便利だって、普段持ち歩いてたりした場合、職質食らったら痛い目にあったりするので
ご注意を。こんなのを取り締まるなら、他にやる事あるだろうとか思ったりもしますが、お上に逆らっては生きていけませんw

自分の持ってるナイフはそんなに高い物ではありませんが、実用重視で非常に頼りになります。
まあ、最近は忙しくて活用する暇もないんですけどね。。。

こいつらがあれば暫くは刃物を買うことは無いと思います^^




  


サバゲネタ

Posted by kouta2 at 2014年01月20日 2014年01月20日 18:43
こんにちは^^
寒い日が続きますね。。



今回はサバゲに関するコラムみたいなモノを書いてみようかと思います。
あくまで個人的な見解なので厳しいツッコミは無しでお願いしますねw

今回は「無線」
サバゲでも無線で連携を取るチームさんがイッパイありますが、自分は無線使わない派です。
例外としてキャンプ襲撃で山越えするようなゲームやシチュエーションゲームでの利用はありますが、
通常ゲームで使う事はまずありません。

一般的に戦闘の中で「情報」は非常に重要な物で、戦局を大きく変えうる時もあります。
ただそれは「正しい情報」に限った話であって、間違った情報では逆に混乱し、敗北に繋がります。
無線を使う際、正しい情報を発信し、その情報を基に的確な行動に移れれば無線はものすごく頼りになりますが、
発信側、受信側共にある程度のスキルが無いとそれが出来ない事が多いです。
また一般的なサバゲフィールドでは戦闘区域が狭い為、アンブッシュ要員以外が大声で情報伝達(賛否ありますがw)
する事で無線の必要性が薄れます。

無線発信で接敵した人数、排除した数を伝える際、過少または過大報告されそれを信じ痛い目を見たり
「2時方向に敵っ!」とか言われてもお前どこにおって、どっちの方向見て2時方向やねんwwとか
アンブッシュ中、敵と超近接状態なのに、繰り返し「現在位置を送れ」を繰り返されたり。
まぁいろいろある訳ですw

事前にフィールドのマップを用意し、それを元に「現在1Bエリア、フラッグ方向を正面に、2時方向に3名」とか
「4Hから4Gに敵2名移動中」とか受信側が把握しやすい形で発信したらいいんですが、なかなか出来ないみたいで。。

あと、無線持ってる他チームが居れば情報を抜かれたり、誤情報流されたりする事もあるので、運用の際は
チーム員しか分からないコードを利用するのもいいかもしれませんね^^
接敵中で応答できない時はPTT3回プッシュとかも決めてたら分かりやすいです。


あ、自分は受信専用テレパシー使うので頭で強く念じてくれれば伝わるので、一緒に戦う時は強く念じてください♪










  


FIRST SPEAR SAPI

Posted by kouta2 at 2014年01月12日 2014年01月12日 20:09
遅ればせながらあけおめです。今年もよろしくお願いいたします^^
新年一発目の装備~
FIRST SPEAR STRANDHOGG ARMOR PLATE CARRIER SAPI

これ結構お高い部類のプレキャリなんですけど、値段に負けない作りしてます。

まず、持って驚くのがその軽さ♪
いつも使ってるDBTのプレデターより全然軽いw

さらにファステックスを使用せず、クイックリリースを可能にしたTUBEシステム


リリース早い!

それに6/12システム

一般的なMOLLE装備と違いウェビングがないです。その分軽量化に貢献してるんですね。
ほんらいは専用ポーチがあるのですが、MOLLE規格のポーチも使用可能です。


肩もクッションがしっかりしてて負担軽減に一役買ってます。

プレキャリ内側もパットとメッシュ生地のお陰で今までのプレキャリには無かった装着感(快適)♪

これはオススメ出来るプレキャリですよ~

あ、一点気を付けないといけないのが、結構小さ目に出来てるのでサイズには要注意!
普段CIRASやプレデターのMサイズ来ているのですが、このプレキャリはLで結構ぎりぎりでしたww
買う時はご注意を~

  




Copyright(C) 夜型人間ダメリーマン. 2017 All Rights Reserved.